ホーム > 日々の考えキロク > 一日一良

一日一良のアーカイブ

ドバイの崩壊

今、ニュースステーションを見ながら書いていますが。
ドバイすごいことになっていますね。バブルとバブルの崩壊。未来都市が破滅する。
最近いろんな会社に行ってこの不況でも好調な会社、なかなか厳しい会社を見ます。大きな会社ほど社員への精神的ダメージが大きいようです。
長い時間をかけても5名、10名で続いていて、一つのことを続けている会社は強いです。なぜなら、それだけずっと一つのことで食べていけているということだから。
一気に成長する企業は一躍脚光を浴びる。
成長速度がゆーっくりな会社は地道に年を取る。
どちらが良いか。当然良い面悪い面ありますね。
私は一気に成長しながらきちんと基盤を固めていきたいと思います。
初心に戻る。いつもそれが大切だと感じます。

褒められて面白い。

人は褒められて面白くない、という人は少ない。
面白くない場合というのは、冗談で言われたり、自分が褒める側と思っている人に褒められた場合かなと思う。
逆に、この人に褒められたらうれしいな、と思う人に対して、褒める、ということは少ないわけで、本当に褒められた場合は、たいていうれしいのです。
今日、打ち合わせでふと、褒められました。クライアントに。
うれしい限りだよね。
意図せずとも、意図したとしても人を褒められるようになろう。そうしたら相手はうれしいわけで。それはすばらしいことです。次につながります。モチベーションがあがります。
好循環が生まれます。きっと。

意思表示して。

自分のやりたいことを、人に伝えてみる。
反応が返ってくる。
すごく勉強になる。
「やりたいこと」って、あれば本気で伝えられて、相手は何かしらの話をしてくれる。しかもその人は多かれ少なかれ、ある程度本気で考えてくれて。
しっかりした意思を持っていたいね。
今日は伝えたらほめてくれたからうれしかった限り。
自分もほめてあげられる人になろう。

元社員たちと飲み会

昨日28日のことだけど、去年の部署メンバー、ほとんどが元社員だけど、みんなとひさしぶりに集まった。それぞれの道に行ってました。元気そうでなにより。うれしい限り。
どんなに短い付き合いの人でも、ちゃんとつながってれば仕事やらプライベートやらのつながりは必ず残るよね。
友達100人。そんなことを歌ってた昔の人は間違っていません。自分は100人まだできてないなー。
人生まだまだ。

排水一応直りました。

排水一応直りました。工事に来たおじさんも「マンションでこんなに苦労したのは初めてだ」というほど流れない状態だった模様。
結局白い塊が、そうだなー、携帯の半分くらいの大きさ分ほど出てきてなんとか使えるように。
その白い塊は、結局油とかが固まってできたものとのこと。人間の結石と同じように、油とか垢とかそういうものは固まってしまうらしい。で、結果詰まるらしい。
まー、普通はこんなことはないんだけど、半年とか部屋が空いてたりすると起こるそうで、今の部屋は半年くらい空いていたのです。
原因がわかってよかったよかった。これで安心して湯船に浸かれます。

我が家で食事会

サークルのみんなが来てくれて家で飯食った。自分たち入れて総勢12名。
こんな仲間がいることに感謝。すごくありがたい。また飲みましょう。

今日からつけよう。一日一良。

今日からつけることにします。毎日、ってわけにはいかないけど、一日一個良かったことを書いていく。たまってった幸せになれそうでしょ。
一日一良。いちにちいちりょう。
今日は、そうだなー。
仕事でGDP2006(GoodDesignPresentation。グッドデザイン賞を選考するイベント。)に行きました。うちも出展。
そこで、東京書道教育会が出展している「すらボー」という商品を発見。

これを使うと正しいペンのもち方ができて、疲れにくくなる。ということ。
型から入ることは個性を奪うという最近の人の考えはあるかもしれないけど、個性を奪うことと基盤を作ることは違うから履き違えちゃいけないよね。型から入ることは非常に重要なことと思います。最近。
今日のいいことはこれじゃなくて、そのブースの人がすごくいい人、というか純粋そうなおじさんだったことなんだけどね。純粋な人に会って話をすると非常に感化されます。
もっと短くかけるようになろう。

ホーム > 日々の考えキロク > 一日一良

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る