ホーム > 写真とカメラとその空気 > 写真カメラネタ

写真カメラネタのアーカイブ

Nikon D40購入!

ついに買ってしまいました!デジタルカメラ。デジタル一眼、Nikon D40。ひさしぶりにモノを買ってわくわくしたわ。
最近お金は使っていなかったのですが、それもあってかやたらと何かを買いたくなり、デジタル一眼を探すことに。
マニュアルレンズですがF2のレンズがあったので、Nikon D80本体のみか、NikonD40本体のみか、ズームレンズキットを買うか、ダブルズームレンズキットⅡを買うか、アタマを悩ませたところ。結局NikonD40+標準ズームレンズ1本の中古セットで41,000円、新宿ミヤマ商会にて購入。中古だけど新品同様。メーカー登録やメーカー保障を望まなければ相当安く買えます。
今、特に思うけど、カメラのシステムは長く持つことを前提に作られているし、その前提で買ったほうがよいと考えている。デジタルカメラは今後どんどん進化すると思うので、今は安いカメラに決定。今後、本体のみ交換をしてレンズを長く保持したい。もう少ししたらデジタル一眼でも長く使うカメラを買いたい。
でも、D40で十分使える。カメラはカメラの機能ではなく、人がどう写すかのほうが大事。何でもそうか。使い手が大事で道具はあくまでサポートする。音楽もそうだな。
まだまだD40の力のほうが自分の写真の力より高いということだね。
早速、豊洲ららぽーとに行き取った写真。
20071007173049.jpg
ユニクロのウィンドウディスプレイ。
20071007173927.jpg
キッザニアの壁画。キッザニア自体がグッドデザイン賞を受賞している。

カメラグランプリ2007はペンタックス「K10D」

カメラグランプリ2007発表–グランプリはペンタックス「K10D」に – CNET Japan
カメラ記者クラブ
そう、自分はNikonD40がほしいなーと思っていますが、K10Dは店頭でもよさそうに見えます。
2007年5月17日現在、カカクコムでも堂々第1位を獲得。
HOYAのTOBの話がありますが、なんとかPENTAXブランドは継続し続けてほしいと思います。
最近はカメラメーカーも再編ですね。これも時代の流れとも思いつつ、本当に好きな人がいる分野ですから、提供する側も何とか応えてほしいものです。

「エスクァイア日本版」デジタル写真賞’06~’07

「エスクァイア日本版」デジタル写真賞’06~’07「フォト&ブログ部門」 (Yahoo!JAPAN)

今、Yahoo!でエスクァイアのデジタル写真賞「フォト&ブログ部門」をやっています。ノミネートされているフォトブログが40ほどあり、1月31日まで投票可能。あんまり、すごくきれいな写真というサイトはやっぱり少ないけど、それぞれ面白いなぁ。
写真ブログは継続するのが大変だけど日ごろのネタをブログにするのはいいかもね。

富士フィルム NATURA

これ、欲しい!

FUJIFILM NATURA
NATURA blog
デジタルではできない高感度フィルムを使ったノンフラッシュ撮影。光と影がその場の空気も切り出す。はず。
NATURA BLACK F1.9のF1.9+24mmも魅力(Sも)。CLASSICAとNSだとズームが付いちゃうから短焦点のSかBLACKがいいなー。
そのうち買おう。

デジタルカメラとフィルムカメラ

フィルムカメラから撤退 ニコン、デジカメに集中-Yahoo!ニュース
コニカミノルタ、カメラ事業撤退 デジタル一眼、ソニーに譲渡-Yahoo!ニュース
カメラネタ。
デジタルに押されて、フィルムカメラ市場が縮小、あの世界のニコン、フィルムのコニカ、αレンズのミノルタ。それぞれが、フィルムカメラから撤退。祖父の形見もニコン。
ちょっとショックだなぁと。デジタルの良さは認めるが、フィルムカメラの良さ、さらには優位性もまだまだあるわけで。ビジネスであり、市場がそのような流れだから仕方がないのかもしれないけど、人がフィルムカメラを忘れないことを祈ります。
古い映写機、レコード、カセット、今やCD、VHS、フロッピーディスクなどどんどんデジタル化や新しい技術で便利になっていくのは正しい。自分も映写機なんて時代を知らないし、レコードもプレイヤーも持ってない。FDなんて見ないもんな。やっぱりiPod使うし。
でも、デジタルは耐久性がないんだよなぁ。フィルムカメラは50年以上現役だ。50年後、今のデジカメは何台残っているだろうか。
すべての出来事は将来、勉強・知識でしか知られない「歴史」になるし、ほとんどのことは人から忘れられること。今がリアルであり、過去のことだけど、でも、過去があるから今がある。
きっと、将来には今が古きよき時代。
今、自分が「正しい」「良い」と思えるものを、少しでもいいから周りの人や子供に伝えていきたいと思った次第。

ホーム > 写真とカメラとその空気 > 写真カメラネタ

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る