ナイススティックのすごいところを6個上げます

ナイススティックがまた私の中でブームです。はい。

過去の記事はこちら→最近のハマった食べ物:ナイススティック
もう5年以上前の記事なんですが、昔もハマってました。

 
いやー、小さいころから今の今まで、ナイススティックは私の味方です。
ということで、私の味方のナイススティックを自慢しまくろうかと思います。

 
1:長さが長い。
 そう。もはやナイスな「スティック」なんて呼べないような、太さと長さを兼ね備えている。
 フランスパンも驚くあの長さ。伝統的なあの形。

2:パッケージと形がすでに市民権を得ている
 コンビニのパンコーナーに置いてあると、きちんと目が行く、ピンクのパッケージ。
 もはやきっと95%以上の人は、すぐに有無を判別できるのではないでしょうか。
 そうに違いない。分かりやすさはNo1のパンです。

3:中のクリームが秀逸
 ナイススティックは中にクリームが入っているが、これがまた、うまい。
 絶対にパンだけではナイススティックとは言えなかった。
 長くて太く柔らかいパンと、甘くて何度も食べたくなるクリームの、運命的な出会いが、
 30年以上の歴史を作っている。

4:実は私以上の歴史がある。人生の大先輩。
 山崎によると発売日などは分かっていないが、1977年にはすでに発売がされていたとのこと。
 私と同じ年、もしくは先輩に当たる。そう、もはや超えられない人生の大先輩である。

5:年間7000万本の販売実績
 これもすさまじい。いくら110円とはいえ、これだけ売れているwebサービス、小売の商品はそうそうないでしょう。
 コーヒーならまだ分かりますよ、ガムもあるかな。それが菓子パン。毎日買わないのに人口の60%くらいが買っている。
 すさまじい。

6:よく言われるが、500kcalを超える高カロリー食品
 500kcalを超えるパンなんです。これ1本食べておけば、大戸屋の
 「雑穀ご飯と海老たっぷり根野菜の塩スープ鍋定食 」と同じくらいのカロリー。
 かたや800円、ナイススティックは110円。コストパフォーマンスが圧倒的に良い。

ホントすばらしいと思います。ナイススティック最高です。

これからも私のナイススティックでいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です